「パッシブデザイン」とは?

機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。
自然の光や風を上手に活用し、室内を冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。

建物そのものが快適性を生み出す設計。それが「パッシブデザイン」です。

「暮らし省エネマイスター」
がナビゲートするパッシブデザイン

パッシブデザインとの出会いEncounter

「暮らし省エネマイスター」
KOZEN-STYLE(有限会社コバヤシホーム)
代表取締役 小林正和

2015年の春のことでした。私は、知り合いの工務店さんとふと聞きに行った勉強会でパッシブデザインと運命的な出会いを果たします。
パッシブデザイン協議会理事長の野池政宏氏ともそこで初めて出会いました。
「パッシブデザイン」という言葉は住宅業界でも出始めていたので、言葉だけは聞いたことがありました。
私たちのご提案というのはそれまで、経験や勘といったもので家づくりをさせていただいてました。もちろん庇の出などは外観のバランス程度で決めていたりしたんです。
しかし、パッシブデザインの内容を聞いてみると「家づくり自体、設計自体に根拠が必要なんだ」「家づくりを科学してこそ、本当に快適で省エネな家づくりができるんだ」と衝撃を受けました。
現在日本の家づくりは『ゼロエネ住宅』と言って、断熱性能を高めて、家に太陽光発電を設置し、消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出す家を、2030年には新築全棟を目標としています。
そういった時代の流れにそのまま乗るのではなく、パッシブデザインという設計手法を取り入れていくことで、オーナー様が快適に、そして省エネに過ごしていただくことが可能になります。
しいては、そんなオーナー様が増えることが日本全体のエネルギー消費量を無理なく抑えられることになる。
家づくりをサポートさせていただきながら、快適省エネ社会に寄与できると考えています。

パッシブデザインガイドPassive Design Guide

まず知っておいてほしいこと

まず知っておいてほしいこと

ストレスのない暮らしをするためには自然とうまく付き合える設計が大切

パッシブデザイン 3つのメリット

パッシブデザイン 3つのメリット

パッシブデザインは「快適・健康・省エネ」を実現することができる

身体が喜ぶパッシブデザイン

身体が喜ぶパッシブデザイン

「心地よい住まい」から派生する”良いこと”はとてもたくさんある

パッシブデザインのポイント

パッシブデザインのポイント

単に断熱性能を上げるだけではNG。職人の勘や経験だけでも「快適」は得られない

パッシブデザインは何をデザインするのか

パッシブデザインは何をデザインするのか

地域や立地条件によって"最適な答え"は違う 私達は地域に根ざした家づくりを進めたい

5つのパッシブデザイン

5つのパッシブデザイン

暑い夏・寒い冬、そして年間を通して快適な暮らしを実現するための5つのデザイン

パッシブデザインによる省エネ

パッシブデザインによる省エネ

快適+省エネ=パッシブデザインを組み込んだゼロエネルギー住宅。それが「パッシブZEH」

野池政宏氏からのメッセージ

野池政宏氏からのメッセージ

「正しいパッシブデザインを普及させたい」
パッシブデザインのパイオニア野池政宏氏

パッシブデザインに最適な"木構造"Construction Method

KOZEN-STYLEでは【パッシブデザイン×耐震構法SE構法】を標準採用しております。それは家の基本性のである「安全」と「快適」を根拠をもって実現するためなのです。家そのものが快適性を生み出す為には、建物の構造自身にもさまざまな工夫が必要となります。例えば、南側全面を開口部にすることで太陽熱をたくさん家の中に取り入れられるので冬、暖かく暖房に頼らず生活することができたり、大きな吹抜けを設けることで最大限の明るさが実現できるため、開放的で昼間照明に頼らなくてもよい空間を実現できたりします。しかし、そのようなことを積極的に取り入れた場合、どうしても建物の強度が偏ったり、場合によっては強度自体が弱くなったりして、「快適さ」を求めるあまり、「安全性」が失われてしまいます。そうなると、何のために家づくりをするのか分からなくなってきます。
耐震構法SE構法はそもそもの家の基本性能「安全性」に実績のある木造ラーメン構造であるため、パッシブデザインの快適性や自由度を求めた設計に最適な「木構造」なのです。

日本には「安全な木造住宅」が必要

日本には「安全な木造住宅」が必要

過去に起きた数々の大震災でも主要構造部に被害がなかった

国が認めた耐震構法SE構法

国が認めた耐震構法SE構法

SE構法は国の建築基準法の認定を取得し、その他にも様々な認定を取得している

耐震構法SE構法の強さとは

耐震構法SE構法の強さとは

SE構法の構造計算はビルや大規模建築物と同じ手法

資産価値のある家づくり

資産価値のある家づくり

世代を超えて永く住める家(長期優良住宅)は税金や住宅ローンの優遇が得られる

LINK
リンク